合コンでモテるための準備

お店の選びかた

ゴージャスでも静か過ぎるお店はダメ

photo 合コンの開催場所はとても重要です。万が一、お互いに相手が気に入らなかった場合、お店の雰囲気がよかったから、料理が美味しかったから、たくさん飲んだのに安かったから、「ま、いっか!」と思えるような店がベストです。

大切なのは店の雰囲気です、料理、リーズナブルさ。これに加えて、ピアノの生演奏をしているとか、店内に熱帯魚の巨大な水槽があるとか、めちゃくちゃ美味しい餃子があるとか、店を選んだ理由をはっきりいえれば合格。



ただし、店がチープすぎるとガッカリしますし、豪華すぎても気後れして盛り上がれない可能性があるのでダメ。特にゴージャスな個室は、合コンでは厳禁。個室は落ち着くからよいと思いがちですが、実際には静か過ぎて内緒話もできないし、話が途切れたときに場が持たないので絶対にバツ!

お店を探すときにはインターネットや雑誌のグルメ情報が活躍してくれますが、一度は下見がてら食べにいってみたほうが安心。予約の方法や、人数が確定していないときにはどうすればいいか、店によって対応がまちまちなので、事前に確認しておきましょう。

食事代はどうなる?

合コンでの食事代は、女性より男性が多く負担するのが一般的です。

たとえば、男性はたくさん飲み食いするから6割、女性は猫を被ってあまり食べないから4割、といった具合。女性はタダというケースも多いでしょう。

男性の社会的地位が高かったり、年齢が上だったりするほど、この傾向は顕著です。同世代や年下の男性と合コンする場合は、男女全員で折半ということもあるでしょう。



合コンの費用はできるだけ男性が負担する、というのが暗黙の了解といえますが、お金のことですから、あらかじめ男性側の幹事と話しあっておいたほうがいいかもしれません。もちろん、男性が多めに払ってくれるときは、会計のときに「いいんですか?ありがとうございます」と一声かけるのを忘れずに。男性の自尊心をくすぐるのです。

ちなみに、お金のなさそうな年下の男性たちと合コンする場合は、オシャレなワンコインバーを会場にする奥の手があります。お酒も食事も基本的にはひとつ500円。頼むたびに個々が支払い。これなら、男性陣も安心でしょう。気に入った相手にオネエサンが一杯ご馳走してあげても500円です。安いですね。

こだわりの京都一人旅/ひとり時間を素敵にする旅行サイト
 
Copyright (C) 2008 モテる合コン術. All Rights Reserved. / 免責事項・お問い合わせ