合コンテクニック番外編

インターネットを利用して合コンを開く

出会い系サイトで友達を作る

合コンはやりたいけど、相手を揃えてくれる知り合いはいないし、一緒に参加してくれる女友達もいないという人は、インターネットで友達を増やすという方法もあります。たとえば、出会い系サイトの利用がその一例。

でも、出会い系サイトというと非常に悪いイメージがありますよね。エッチだけが目的の男性、冷やかしの女性、他サイトへの誘導目的、援助交際などなど。なんだか、いまにも犯罪に発展しそうな恐怖を感じている人もいるはず。



しかし、出会い系サイトの数は非常に多く、同性の友達づくり、恋人募集、趣味や目的別で登録できるところも多数あります。有料の場合もありますが、無料で登録可能なサイトや、お試し期間が設けてあるケースもあるので、いろいろなところに登録して雰囲気を把握してみるのもいいかもしれません。

不真面目な人もいるでしょうが、真剣に友達や恋人を求めている人もかなりの数います。もしかすると、出会い系サイトで彼氏が見つかるかもしれません。ただ、安全対策として、仲よくなっても1対1では会わず、最初のオフ会は合コンで、というふうにしたほうがいいでしょう。

出会い系サイトでの注意事項

出会い系サイトの掲示板、チャット、メールなどでコミュニケーションを慎重に重ねれば、相手の真意はある程度見えてくるはずです。この時点でしっかり相手の人柄を判断することが合コンの成否に大きく影響します。

たとえば、最初からエッチな話題を書き込んでくる人などは、援交やエッチが目的なので、削除すべき相手ですね。お金の絡む話をしてくる相手もダメです。詐欺的な商品販売をしている疑いがあります。こうした相手は大した会話もしていないのに「すぐに会えます」というのでわかりやすいかもしれません。

あくまで合コンを開くのが目的ですから、異性のメル友がほしいだけの人も好ましくありません。メルアド、写メールの交換を嫌がる人は避けたほうがいいでしょう。また、なかには女性になりすました男性のネカマ、男性になりすました女性のネナベもいるので、気をつけましょう。なお、利用した分だけ料金が発生するポイント制のサイトではサクラにも注意してくださいね。

SNSでメンバー集め

photo インターネットで友達をつくるのは興味があるけれど、出会い系サイトに登録するのは抵抗があるという人は、SNS(Social Network Service)を利用するのがおすすめです。 SNSは会員制のコミュニティ型サービスで、人と人とのつながりをメインにしています。

たとえば、SNSでは自分のページに「合コンを開催します!本気で彼氏・彼女をつくりたい人、同性の友達がほしい人は、ぜひ遊びにきてください」といったメッセージを書き込むことができるわけです。



出会い系サイトとの違いは安心感でしょうか。制約の厳しいSNSでは、すでに参加している友人からの紹介がなければメッセージを読めません。参加自由型のSNSでも、記事を閲覧したりコメントを書き込んだりした相手の履歴を確認できる機能を備えているケースが多いので、秩序を保ちやすいのです。

07年1月末時点で、日本の最大手SNSである「mixi」の登録ユーザーは800万人超え。携帯電話SNSの「モバゲータウン」は400万人を超す勢いで会員が増えています。SNS先進国アメリカの「MySpace」ユーザーは1億人強。いろいろなSNSがありますので、自分にあったタイプを探して登録してみてはどうでしょう?

こだわりの京都一人旅/ひとり時間を素敵にする旅行サイト
 
Copyright (C) 2008 モテる合コン術. All Rights Reserved. / 免責事項・お問い合わせ