合コンテクニック番外編

これだけはやっちゃダメ!

自慢話はほどほどに

合コンでは自分のよい部分をアピールしなければなりません。だからといって、容姿、家柄、収入、学歴、社会的地位などを含む「自慢話」を露骨にしてはダメです。男性が自然に「良家のお嬢さんなんだな」と感じるのと、あなたが「私はお嬢さまなのよ」というのでは、おのずと印象が違ってくるということです。

「そんなこと、いわれなくてもわかるよ」と思う人もいるかもしれませんが、話が途切れて気まずい空気が流れたとき、「なにか話さなくちゃ」ととっさに口をついて出ることが多いのが自慢話。あとで、いわなければよかったと後悔しても遅いので、くれぐれも注意しましょう。

ひとりの男性を女性全員で奪い合う

photo 合コンに参加している男性のひとりに人気が集中してしまうことはよくあります。見た目がいいとか、収入が多いとか、職業的な魅力があるとか、モテる理由はいろいろですが、時間がたつにつれて女性全員が彼を囲むようになり、その他の男性は無視…、こんな風になってしまっては、合コンは失敗です。



どんなにダメ男が混ざっていても、最終的に全員が「楽しかったね」といえる合コンにしなければ、その後の合コンにはつながりません。もしかすると、ダメ男たちがあなたの運命の人を次回の合コンに連れてくるかもしれないのですから。

お酒がまわって、ひとりの男性を奪い合う前に、幹事のあなたは女性だけのトイレ会議を開くべきです。そして、みんなの本音を聞いた上で、ジャンケンでもクジでもなんでもいいので、とにかくだれが人気者の男性をゲットする権利があるのか決めます。さらに、1番の女性がフラれた場合は2番の女性となるよう優先順位も決定しておくと混乱しなくて済みます。

女性同士の仲間割れ

ひとりの女性に人気が集中してしまった場合、嫉妬心から仲間を落とす発言をする女性が出ることがあります。男性に相手にされず、嫉妬で頭に血がのぼってしまった女性は、いくら注意していても、チクリチクリと攻撃をしかけてくるでしょう。

女性陣のチームワークが乱れつつあると感じたら、それとなく男性側の幹事に注意を促しましょう。



それでも男性たちの態度が変わらないようなら、あなたは「具合が悪いから帰る。ごめんね」といって、相手にされていない女性を一緒に連れて帰ります。できれば、その女性ひとりに帰ってもらいたいところですが、それは無理な相談。幹事のあなたが責任を取るしかありません。

もしも女性同士が仲間割れして、だれかが悪口に反応して泣いたりしたら最悪です。それよりもその日はあきらめて次回に期待をつなぐほうが得策ですよね。

こだわりの京都一人旅/ひとり時間を素敵にする旅行サイト
 
Copyright (C) 2008 モテる合コン術. All Rights Reserved. / 免責事項・お問い合わせ